スーパージオ®工法とは

建物の重量と同等の土を取り除きそこへスーパージオ材を敷き詰めて地盤を軽量化
その結果、建物を支える力を保つ置換工法です。※地盤の強度によって取り除く量は変わります。
直下地盤の圧密沈下を軽減化します。
また地震時に、SG内に間隙水を取入れ、水圧による噴砂を防ぎ、液状化時に安定化させる
効果があります。

Step1 住宅の重量分の地盤を取り除く。
Step2 スーパージオ材を敷き詰める。
Step3 家を建てる。
地盤を軽量化することで、地震等が起きたときにも建物を沈みにくくします。

総集編 (まとめて再生)

再生時間 5分13秒(各動画は音声入りとなります。)

部分的に見たい方は

  • 液状化について
  • 減震について
  • 軟弱地盤について

【特許番号】
・建築物特許第4210312号
・建築物における免震工法 特許第4967105号

エコ・マーク商品 再生材料を使用100% プラスチック 09131023

スーパージオ®工法にできること

1.減震対策

スーパージオ材が緩衝材の働きをし、激しい地震の揺れを優しい揺れに。

2.液状化対策

地震時、スーパージオ材の中に水だけを一時的に取り入れて、地表への噴出を防止

3.どんな土地にも設置可能

他の地盤補強工法では困難な土地でも、スーパージオ工法®は対応可能

スーパージオ®工法について詳しく知りたい方へ
資料ダウンロードのご案内メールをお送りいたします。

資料請求をする

液状化時安定化対策として

  • 早期造成盛土嵩上げ対策として
  • ○大きな重機がはいらない狭小地
  • ○埋蔵文化財などで掘削制限がある土地
  • ○ガラ・基礎の残りなどの障害物や腐植土など不安定な
     土質
  • ヨウ壁(崖地・切盛土)の異種造成地
  • 水位の高い地域
  • 外的要因対策として
  • ○定期借地などで現状回復必要な土地
ヨウ壁(崖地・切盛土)対応について 詳しくはPDFファイルをご覧ください。

東日本大震災でも安全性を証明

2011年3月11日。
震度6強の地震が東日本を襲いました。
その際にも当時、千葉県船橋市にあった69棟のスーパージオ®工法採用建物は倒壊することなく、液状化による不同沈下も免れ無事が確認されました。

強い・軽い・低コストのスーパージオ材

環境に配慮した再生プラスチック製で、軽量・コンパクト低コスト
組み立ても特殊技術や機器を必要とせず簡単です。
重量約5kgで、2階建て住宅が約20軒乗っても大丈夫です。

エコマーク取得済みで再利用可です。 エコ・マーク商品 再生材料を使用100% プラスチック 09131023

施工手順

大型機械等は使わずに手作業となるため、目で見て分かる点も安心材料のひとつです。

施工手順 施工手順

人にも地球にも優しいエコロジー工法

eco 環境配慮 コスト性 効率性
○従来の改良工法と比較して
 大幅なCO2削減が可能
環境ホルモン等の問題なし
リサイクル部材を利用
重機や特殊技術、機器が不要
○メンテナンスフリー
○目視管理ができ品質管理が容易
雨水利用・地熱利用も可能

資産価値を下げない

資産売却時にも、土地の原状回復がラクラク。
土地・建物売却等の際、柱状改良や鋼管杭等の従来工法では、産業廃棄物を排出するため、
処理費用として200〜250万円かかり、不動産価値を下げてしまうことも
スーパージオ®工法は杭を打たない工法。
なので、部材を取り除くだけでOK。
処理費用も0円と、多大なコストをかける必要がありません。

他の地盤補強工法との比較

主な特徴
柱状改良工法
セメントなどを用いて地中に柱状に改良する工法で、基本的には摩擦の力で保つ力を強化。
鋼管杭工法
固い地盤までに支持杭として埋める。細い鋼管杭は厳密には「地盤補強工事」として用いる。
スーパージオ®工法
軟弱な地盤を掘削・除去し、地盤の持つ支持力を算出し沈下の検討も行い人工軽量地盤を敷き込む。
液状化に対する効果
減震・免震の効果
どのような土地にも使える?
費用面

PAGE TOP